世界難民の日に寄せて -私が出会った難民・国内避難民-

/ 6月 20, 2018/ 世界/日本社会情勢, 難民

今日6月20日は世界難民の日です。

昨日発表されたUNHCRの最新報告(UNHCR Global Trends 2017⇒クリックで新しいタブで開きます)によると、2017年末時点で、強制的に移動を強いられた人(難民・国内避難民を含む)の数は6,850万人。昨年に引き続き、史上最多を記録しました。

このうち、最大を占めるのがシリア難民・国内避難民です。上述の報告書によると、2017年末時点で、シリアから他国へ逃れたシリア難民の数は630万人、シリア国内で避難生活を送っているシリア国内避難民の数は620万人に登ります。 read more

書評「動物保護入門」ー日本の動物愛護活動を考える

/ 6月 16, 2018/ 保護猫・動物愛護

久しぶりに本を読む時間を取れたので、今日はいちおう書評という形を取って本の紹介をします。

今回読んだ本はこちらです(画像クリックでAmazonの商品ページに飛びます)

「動物保護入門 ドイツとギリシャに学ぶ共生の未来」(浅川千尋・有馬めぐむ著、世界思想社2018年4月発行)

この本は、まず日本の動物愛護(この本では欧米で一般的な「動物保護」という表現を用いています)の現状を、法制度と現場の取り組みを紹介しつつ概観します。そののち、「動物保護先進国」ドイツの例と「動物保護新興国」ギリシャの例を紹介し、最後にその2か国の例に基づいて今後日本が取り組むべきことを提案しています。 read more

春が象徴するもの -終止符、飛躍、そして無常-

/ 3月 25, 2018/ 働き方

随分長く更新できずにいました。

1月に出張があって体力の限界まで働き、2月は反動で抜け殻のように過ごし、3月に入ると急に仕事が忙しくなり・・。

そうこうしている間に誕生日を迎え、また一つ無事に年を重ねました。

自分の生まれた時期だからというのもありますが、3月下旬から4月にかけての季節は一番好きです。

終わるべきものが終わり、新しい手つかずの何かが始まる季節です。 read more

書評:欧州に焦がれた青年の悲劇「空から降ってきた男」

/ 1月 8, 2018/ アフリカ情報, 世界/日本社会情勢, 難民

明けましておめでとうございます。

年末年始はいつも以上に読書に時間を割き、のんびり過ごすことができました。

今回読んだ本のうちの一冊がとても印象的だったので、今回はその書評を書きます。

タイトルは「空から降ってきた男 アフリカ『奴隷社会』の悲劇」。著者は毎日新聞の小倉孝保氏。

(↓画像クリックでAmazonの商品ページに飛びます。)

Amazonのページに、あらすじを含めた丁寧な書評がいくつも並んでいますので、ここでは大まかな流れを振り返りながら私の思ったところを記録するにとどめ、細かい内容にはあまり触れずにおきます。 read more

フリーランス1年目を終えて 確定申告・業務獲得・ワークライフバランス

/ 12月 31, 2017/ 働き方

2017年も残すところ数時間となりました。

筆者が個人事業主として開業してから約1年が経ちましたので、2017年の終わりの節目に、フリーランス1年目の仕事と生活を振り返っておこうと思います。

政府が推進する「働き方改革」では、人生100年時代を見据えて副業・兼業も推進されています。

正社員として働きながら副業をする人も増え、今後もこういった新しい働き方は広がっていくものと思います。 read more

守られるべきもの 南スーダン危機5年目へ

/ 12月 18, 2017/ アフリカ情報, 世界/日本社会情勢, 難民

2013年12月15日、一部兵士による反乱に端を発する南スーダン危機が勃発。

2011年7月に独立したばかりの世界で一番新しい国は、突如として人道危機の渦中へと陥りました。

以来、大統領派と元副大統領派の対立が続き、幾度となく停戦合意が結ばれては破棄され、無辜の市民が殺戮や性暴力、誘拐といった危険に晒されています。今や南スーダンは、アフリカ最多の難民を生み出す国となってしまいました。 read more

入籍時の改姓について-世界観の衝突

/ 12月 14, 2017/ 世界/日本社会情勢, 働き方, 日本社会情勢

またしても長く更新に間が空いてしまいました。

この間色々ありましたが、筆者は兼ねてから同棲していた方と結婚しました。

一部の人への配慮から結果は書けないのですが、夫と私のどちらの姓を名乗るかでひと悶着ありました。

これから入籍する人々のために、周囲からの色々な反応を中心として、状況を少し記録しておこうと思います。

まず大前提として、当人二人の間では、私の姓(妻の姓)を名乗ることで納得していました。私が泣き落としをしたわけでもなければ、特に感情的に訴えたつもりもないです。 read more

善人たちの原理主義 -排他的な正義は社会正義の芽を摘む-

/ 11月 17, 2017/ 世界/日本社会情勢, 国際協力, 日本社会情勢

最近レビュー続きでしたが、今日は観念的なお話をしたいと思います。

このウェブサイトに何度か来てくれている方ならご存知かもしれませんが、私はここに併設する形で保護猫ブログも運営しています。

「動物愛護」をもっと多くの人が身近な問題として考えてくれるようになれば、との思いで、自分なりのアプローチでゆるい啓発活動のつもりでやっています。

そしてここでも5回にわたって「保護猫を迎える」と題した連載記事を書きました。 read more

難民映画祭レビュー「とらわれて~閉じ込められたダダーブの難民~」

/ 11月 5, 2017/ 世界/日本社会情勢, 難民

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が毎年実施している難民映画祭(http://unhcr.refugeefilm.org/2017/)。

今年は私の古巣ダダーブ難民キャンプを取り上げた映画が上映されていたので、見に行ってきました。

日本語で「とらわれて~閉じ込められたダダーブの難民~」と題されたこの映画は、キャンプで暮らす難民やキャンプで支援活動を行うUNHCR職員、第三国定住でアメリカに渡った元難民、そしてジャーナリストや研究者らに取材した内容をまとめたドキュメンタリーです。製作国はアメリカ。 read more

テロ組織と難民支援 -ケニア・ダダーブ難民キャンプの事例-

/ 10月 11, 2017/ アフリカ情報, 世界/日本社会情勢, 国際協力, 難民

前回の記事はルワンダで書きましたが、三連休の間に無事に日本に戻りました。

さきほど知人のFB投稿で知ったのですが、NHKのクローズアップ現代で難民支援についての番組が放映されたようです。

番組ページ:テロ組織が難民支援をねらう!? ~世界最大キャンプ閉鎖の裏で~

放送は終わってしまっていますが、番組名で検索すれば動画も見つかります。

センセーショナルなタイトルの番組ですが、どんな内容なのでしょう。まずは上記ページから、番組紹介を引用します。 read more